猫屋敷+

TRPGサークル グループねこぢゃらしの活動記録

★45

「うひゃあああああああ」

聞き覚えのある声がどこからともなく聞こえてくる。声のする方を向くと南の空から泳ぐようにこちらに飛んでくるパピヨンが見えた。
「危ないじゃない、止まりなさいよっ」
「できるわけねーだろっ!やれるもんならやってくれっ」
「しょうがないわねぇ」
あなたはワンピースの肩のあたりを掴み、そのまま引き剥いだ。下から現われたのは…もちろん体操服とブルマーだ!
あなたは一瞬で移動速度・高度・環境から受ける影響を想像し、予測飛行経路を練り上げ、落下地点を特定した。

「レシーブ!」
あなたの的確なサーブレシーブは確実に勢いを殺し、再度虚空へ舞い上がらせた。
「いいわよっアクリィさん!」
当然カレー玉子もブルマーだ。すばやく落下地点に入り、加速をつけて落ちてきたところをやわらかくトスした。
「あなたたちの心、受け止めたわっ」
もちろんレッドもブルマーだ。大きく振り上げた腕が弧を描いて振り下ろされる。完璧なインパクトを受けて、パピヨンだったものは街道脇の乾草の山に突き刺さった。
「あ、ちょっとイヌガミちっくじゃない?」 →55へ

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。