ねこぢゃらし

ねこぢゃらし

「なんだ、オザックじゃないか。おどろかすな」
レオに触覚をひっぱられ、ぶら下がっている『それ』が照れたように笑った。
「いやぁ、このまま売られてしまうと思い、慌てて逃げてきましたじゃ。皆さんひどいですよぉじゃ。おいていくなんてあんまりじゃありませんかじゃ」
「ははは、すまなかったな」
「レオ、これ、オザックじゃないわ!」
「何を言っている。どう見たってオザックじゃないか」
どう見たってオザックじゃないわよ。その触覚おかしいじゃん。
つっこみフルスロットルなあなたにオザック(仮)は『悪魔の手鞠歌』にでてきたおばあさんそっくりの意味ありげな笑みをうかべるのだった。 →9へ
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply