ねこぢゃらし

ねこぢゃらし

「はっきり言って、アンタじゃまなのよ。あたしは真ん中を!堂々と!まっすぐに!行きたいの。いい?」

 あなたの迫力にレオ…おばあさんは明らかにひるんでいた。
「そ、そんなジャギ様みたいな顔をしなくてもいいだろう。わかったよ、通ればいいだろう、通れば」
 すねながら毒リンゴをしゃりしゃり食べ始めたレオを放っておき、再びあなたは歩き始めた。 →41へ
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply