猫屋敷+

TRPGサークル グループねこぢゃらしの活動記録

★83

「お前たちは相変わらずだねぇ。待ちくたびれたよ」

 滾々と湧き出る泉の中央に、美しい裸身をさらして佇んでいたのは…パピ兄だった。

「気をつけて、あの下はスキュラかも知れないわ!って何で生きてるのよ!」
「ふふふ、確かにモンスターだがそんな無粋なものではないよ。それに、私がここにいるのは『オヤクソク』だ」
「うん、それじゃあしょうがないね」
「レッド…とりあえず、あなた泉から出てくれない?私たちこの水を持って帰らなきゃならないの」
「じゃあ、この場所を明け渡したら君たちは私に何をくれるんだい?」
 艶やかに微笑むパピ兄に答えを迫られ、レッドもカレー玉子も途方にくれた顔をしている。そこであなたは?

美肌効果のある秘湯のタダ券を差し出す →13へ
血と汗と魂のこもったものを差し出す →77へ
一番の好物を差し出す →20へ

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。