猫屋敷+

TRPGサークル グループねこぢゃらしの活動記録

★81

sakura081.png
「うん、辛すぎず甘すぎず、コクもあって悪くないんじゃない?」
「そうだな。店主、これをもらおうか」
 頷いた店主の顔がスパイス棚をのぞき込んだ途端凍り付いた。
「やばいアルよ、お客さん。試食分の在庫しかなかったアル。…マジス砂漠のティザーンって商人が扱ってるアルが…」
「そこって近い?」
「大して遠くないアルよ。カレーを作るなら他のスパイスも扱っているから、私の名前出せばいろいろ出してくれるはずアルよ」
「それじゃあ、マジス砂漠にいきましょうか」 →26へ

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。