猫屋敷+

TRPGサークル グループねこぢゃらしの活動記録

小話:ガラス越しに触れる【イチゾロ戦隊ゾロッター】 …KAZ-屋

「パピヨーン。3番のテーブルでご指名よーん♪」
カウンターから店の裏手に向かって、陽気な声がかかる。

ここは表通りからほんの少し路地を入ったところにある小さな酒場。
目立たぬよう、それでいて隠れぬよう、微妙な店構えの割りに客の入りも悪くない中の下くらいの店。

陽気な喧騒と、たまに訳のわからない乾杯。流れの芸人が歌い、舞う。
そんな酒場の楽屋で、パピヨンは身支度を整えていた。



「ちょっと待ってよ、姐さん。オレまだ支度済んでないって」
裏口から入った瞬間に指名され苦笑する。
手早く外套と衣服を脱ぎ、仕事用の衣装に着替える。

かじかんだ指のせいでボタンを留めるのにも四苦八苦していると、店の方から一人の女性が入ってきた。
「ちょっとー、なに支度に手間取ってるの?」
攻める口調と裏腹に、口元には笑みを浮かべている。先ほど「姐さん」と呼ばれた彼女は、この店の女主人で、看板娘(本人談)

「だって、外寒かったんだもーん。手、冷えちゃって」
ほら。と差し出された指先も、にこりと笑うほほも、冷たい北風にあおられてほんのり赤い。
「仕方ないわね、留めてあげるから後ろ向いて」
今年で17を迎えようという彼の甘えた表情に、まんざらでもない様子でウインクを返した。



「…ちょっと体がしっかりしてきちゃったわねぇ。こういう衣装もそろそろ卒業かしら?」
「そだねー。思ったより成長したし。オレ最近筋トレしてるし」
衣装に合わせたアクセサリーを選びながら告げると、背後から「えー」と不満の声が上がった。
「やだわパピヨン。折角きれいな体してるのに、筋肉なんてもったいないわよ!」

ハイ出来た。とばかりに背中をたたきながら、彼女が抗議する。
痛いよ。という彼のセリフを無視して、そのまま正面に回り、衣装に合わせて薄化粧を施してゆく。
少年とも青年ともいえない不安定な存在が、化粧と衣装のせいで女性とも男性ともいえない幻想の存在へと変化する様に、うっとりとしながら彼女は微笑んだ。

「はい。出来上がり。綺麗よぉ」
「ん。ありがと、姐さん」
にこり。と紅を引いた唇で軽くほほに口付けると、早々に店へと向かう。
それを引き止めたのは、さっさと支度をしろと急かしていた当の女主人。

「ちょっとまって、パピヨン。今日の衣装ならこんなのつけても楽しいわよぉ♪」
いたずら気味に微笑みながら強引に長髪のウイッグをかぶせる。
ゆるいウェーブのアッシュシルバー。無造作にかぶせられたため、ところどころ地毛の黒髪がメッシュのように踊っている。

「やっぱりかわいー。今日はそのままお店に出なさいな」
「えー。邪魔くさいだろ」
「そんな事いわないの。じゃ、先いってるからね、ちゃんとセットしていらっしゃい」


軽やかに店内へと戻って行く彼女に手を振りながら、地毛をまとめて、ウイッグを付け直し鏡を見る。


そこにいるのは、いつもの自分より、ほんの少し線の細い印象を受ける銀髪の青年。
似通った面差しと、懐かしい色に似た銀糸の髪が、記憶の中の青年を髣髴とさせる。




とくん。と胸が鳴った。




鏡の中の彼へ微笑めば、鏡の中の彼も同じようににこりと微笑を返す。
懐かしさに瞳を潤ませれば、彼の瞳もまた懐かしげに瞬き、手を伸ばせば、同じように彼の手もパピヨンを求めるように近づいた。

その指先を合わせれば、まるでガラス越しの逢瀬のようで



「-----にいさん」

そっとつぶやくと、ガラスの向こうの彼も、何かをつぶやいた。



----バレル……

聞こえるはずのない囁きを聴く。



懐かしいその面影をもっと近くで見たくて、熱に浮かされたようにその距離を縮める。
吸い寄せられるように唇を寄せれば、かの人も同じようにまつげを伏せた。
触れ合った唇には、冷たいガラスの感触。


その無機質な感触に、飽和していた熱が一気に冷めた。


唇を離し細く目を開ければ、泣きそうな自分と鏡に移ったルージュが重なって見える。
もう、鏡の中にあの人はいない。




否、はじめからいない。




いるのは、捨てられたくせに彼を求めることをやめられない己の残像。

指の腹を強く押し付け、鏡に残る紅をふき取り、そのままこぶしを握り締めた。




店内からは、再度彼を促す声がかかる。
BGMが変わった。どうやら客からのリクエストがあったようだ。
店内の陽気な歌声を聞きながら、鏡の中に残る幻を見ないように、もう一度だけ苦く微笑む。


「メリークリスマス。兄さん」



------------------------------------------------------
パピヨン17歳


作:KAZ-屋



目次へ

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。