猫屋敷+

TRPGサークル グループねこぢゃらしの活動記録

恋愛地球奇行らヴのり

クトゥルフの呼び声リプレイ


『真実の愛』を求めて、
ちょっと不思議な旅に出ます。


あらすじ
最近、若者たちの間でまことしやかに囁かれている噂があった。

無作為に選ばれた若い男女を乗せ、全国を旅する『ラヴワゴン』。それに乗ると『真実の愛』を見つけることが出来るという。

そんな話は都市伝説だと思っていた探索者は、ある日偶然たどり着いたサイトで『ラヴワゴン』への招待状を受け取る事になる。
好奇心、あるいは恋の予感に胸を躍らせて参加した探索者を待ち受けるものは運命の相手か、逃れえぬ死か。

これは真実の愛を探すために集められた、7人の男女の物語。


lovenori002.png

  2016年冬コミにてシナリオ版「恋愛地球奇行らヴのり1」発行  

lovenori_s.png
A5/82p/800円
「らヴのり1」のシナリオ付属版。さらにラヴワゴン運営に必要な背景設定を収録。
これで君も今日からラヴワゴンメンバーだ!



  リプレイシリーズ(全3巻)  

恋愛地球奇行らヴのり・1 (PDF版)
love_sample.jpg 「それに乗ると運命の人に出会える」…
 そんな噂の”ラヴワゴン”に集まった7人の男女。 
 様々な思いを胸に旅立った彼らは何処へ向かうのか? 
 ロマンティック・ラヴクラフトストーリー第一弾! 

 A5/50ページ/400円

 ※詳細はこちら
2010年12月29日 初版発行 
恋愛地球奇行らヴのり・2
love_hyosi.jpg 新たなメンバーを加え、再び走り出したラヴワゴン。 
 海辺の洋館で彼らを待ち受けていたものとは…?

 ロマンティック・ラヴクラフトストーリー第二弾! 

 A5/74ページ/500円

 ※詳細はこちら
2013年12月30日 発行 
恋愛地球奇行らヴのり・3
love3.jpg ついに明かされた”ラヴワゴン”の真実。
 長い旅路の果て、彼らが最後に選択したものは――。 
 らヴのりシリーズ最終章! 

 A5/144ページ/1,000円 

 ※詳細はこちら
2014年12月29日 発行 


恋愛地球奇行らヴのり番外編~ 猫は知っている
nekosiri_hyoushisample.png  あれから10数年――。
 今度は彼らの子供たちが、夢の世界で大冒険!?  
 らヴのりシリーズ後日談にして新章、開幕! 

 A5/56ページ/400円

 ※詳細はこちら
2015年3月29日 発行 







★その他のリプレイシリーズ★
go_zoro.gif
go_hissatu.gif
ラプラスの螺子
宵闇猫奇譚~おばけ屋敷と臆病なしっぽ~

らヴのり1関連イラストまとめ

らヴのり没カット
らヴのり1没カット

2009~2012サークルカットまとめ

ta1ro1.png
2009年夏 C76用。「職業、仕事人」より、太一郎。
文字入り版は紛失しております…

※2008年以前はアナログで描いていた為、手元に画像がありません

mitocomike.png
2010年3月 コみケッとスペシャル5 in 水戸用。「職業、仕事人」より崎山。

c78.png
2010年夏コミ C78用。職業、「仕事人」より、織上。

c79c.png
2010年冬コミ C79用。「らヴのり」よりゆぅな、「職業、仕事人」から太一郎。

c80.png
2011年夏コミ C80用。「職業、仕事人」より、崎山。

2011冬コミサークルカット
2011年冬コミ C81用。「職業、仕事人」より、咲。

2012C82.png
2012年夏コミ C82用。「職業、仕事人」より、おみち。

2012冬サークルカット
2012年冬コミ C83用。「職業、仕事人」より、咲。


★文字抜き版
mitoe.png
s78.png
20121230.png

おまけの没サークルカット。
没サークルカット2011夏
小さく描き過ぎた為、ボッシュート。描き直して良かったと思います。

イベント用ポスターまとめ【らヴのり編】

h25huyu_pos_s.jpg
C85にて使用。
会場で「ダイソンさん はいてない」と物議をかもした模様。

c87pos1.jpg
C87用ポスター。
↓ミニキャラ付きの別バージョンも。 
c87pos2.jpg
→※キャラ部分を拡大


ポスター製作:KAZ-屋

らヴのり3関連イラストまとめ

lovenori3_b.jpg
舞台が温泉宿だったので、浴衣姿の練習として描いたもの。


↓挿絵用に用意した、探索者たちのサイズメモ。
love3_memo.png
love3_memo2.png


■NPCラフ:女将さん
okami.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。