猫屋敷+

TRPGサークル グループねこぢゃらしの活動記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小話:ドナドナ 【イチゾロ戦隊ゾロッター】 …おじゃっく

 バタバタという騒々しい足音とともに己の部屋へと現れた客人に、レオノールは右の眉をわずかに上げた。誰かが勢いよく駆け込んでくることに驚いたのではない。そのような訪れ方をしそうにない人物であったからである。
 ラグの上にゆったりと座りながら動じることなく楽器の手入れをしていたレオノールにむかって、上気した頬、荒い息を整える暇さえ惜しんでその青年は哀願した。

「頼むっ、かくまってくれっ」
「それはかまわんが… レッド、隠れるならそこに衝立がある」

 今しがた勢いよく開け放った扉を、音を立てないように慎重に閉めてこちらに向き直ったレドルゥインは、追い詰められた草食獣のような表情をしていた。
「ありがとう、レオ。詳しいことは後で話すからっ」
 安堵したレドルゥインが背後を気にしつつ部屋を横切り、示された壁と衝立の隙間にもぐりこんでから幾度か呼吸をした後。タッタッタッという軽い足音が響きコココンと扉がノックされた。

「れおー、いるー?」

 幼い子供のような言い回し。どうやら原因の到来のようだ、と、レオノールは心の中で微笑んだ。
「開いている」

「ねぇーちょっと聞いてよ。ひどいんだよ?」
 戸口からひょこっと顔をのぞかせて部屋の中を見回した後、アクリエルはちょこんとレオノールの隣に座って言った。
「レッド、私を置いてどっかいっちゃったんだからっ!約束したのにっ」
「そうか」
 ぷんぷん、という音が似合いそうな怒りの放射にレオノールは我知らず苦笑した。

「レッドがね、故郷で妹の髪をよく結ってあげてたんだって。それでね、『じゃあ私の髪もイーストエンド風に結ってくれる?』って聞いたら『いいよ』って言ったのに途中で止めちゃったの」

 あぁ、そういえば確かに。とレオノールは思った。今のアクリエルの髪は下の方を、それも素っ気のない黒い紐でくくられているだけだった。いつもならばこのような低い位置で髪をまとめはしないし、結い上げた髪は鮮やかな色のリボンで飾られているだろう。

「レッドがね、優しく髪を梳いてくれたの。『アクリィの髪は柔らかいな』なんて言ってくれたんだよ?でも、もっとして欲しかったのにすぐ梳き終わっちゃって、こう、ね?」

 強めの口調の中に幸せを滲ませながら、アクリエルはレオノールに背を向け、髪を持ち上げて高い位置で一つにまとめる仕草をした。

「ここまで持ち上げたところで手が止まっちゃったの。それでね、あれって思ってたら、急に手をおろしてこの紐でまとめて『ごめん、アクリィ!』って言って走って行っちゃったの」

 持ち上げていた髪を崩さないように手をゆっくりとおろし、背を向けたままアクリエルは続けて言った。

「逃げられたら、追っかけたくなるじゃない!でも、今日のレッドすっごく足が速くて見失っちゃったんだ… ねぇ、私、わがままだったかな?レッド、怒っちゃったのかな?」

 くるりとレオノールに向き直ったアクリエルは、口調とは裏腹に悲しげな瞳をしていた。
「アクリィ…」
 レオノールはすっかりしょげてしまったアクリエルを前にして、衝立の陰で、事の顛末に慌てているであろうレドルゥインのことを思った。飛び出して謝罪したい気持ちと、そうするために真実を口にすることへの躊躇に揺れているであろう友人のことを。

 匿うと言った自身の言葉の重さは、アクリエルの悲しみとレドルゥインの苦悩より軽い。己の言質を売り渡してでも執り成してやらなければならないな、とレオノールは思った。

「アクリィ、レッドはアクリィに似合う髪形に迷っただけだ。気に病むことはない」
 ぽん、と、アクリエルの頭に手を置いたレオノールは、顔を上げたアクリエルに向かって右眼を閉じた。そして、あごで衝立を指し示す。

 パッと顔を輝かせたアクリエルは、勢いよく立ち上がり衝立に向かってかけていった。

「レッド、みーつけたっ。」

 精悍と呼べる身体を狭い隙間に埋め、不安定な姿勢でかがみこんでいたレドルゥインの右手にアクリエルが両腕を絡ませて引っ張ると、さすがのレドルゥインもたたらを踏んで部屋の中央に躍り出た。アクリエルはその勢いを殺さず跳ねるような足取りで扉へと向かう。

「ね、レッド。買ったばっかりの赤いリボンがあるの。結んでくれるよね?それから、この髪形に合う服も欲しいなぁ。前に行った市場のイーストエンド風のお店、あそこ行ってみよう?ねっ?じゃーねっレオ、ありがとね!」

 それはレオノールにとって、意気揚々とレドルゥインをズルズル引きずって部屋を去っていくアクリエルの弾んだ声と、「あぁ」とか「うん」とか呟きながら連れられて行く、動揺と照れと諦めの混じる潤んだレドルゥインの茶色の瞳がやけに印象に残った、ある爽やかに晴れ上がった午後のことであった。

- - - -
作:おじゃっく


自己反省 04.10.17
サブタイトル『レッド、アクリィのうなじにどぎまぎの巻』(笑
ドナドナは牛の潤んだ瞳がポイントかなと思ったのが発端でした。ごめんよレッド。君が一番牛っぽい目をしてくれそうなんだもの。レオも、彼ならこんな行動とるかな?と思ったのですが大違いだったらごめんです。あと、アクリィをもっと可愛い女の子に書きたいです。精進です。


>>目次へ

スポンサーサイト

小話:初春 Adonis 【イチゾロ戦隊ゾロッター】 …おじゃっく

!! Caution !!
※本編エンディング後の内容を含みます※



ふいに、分厚い樫の鎧戸が身を震わせて静寂を破った。
読んでいた本から目をあげ、閉ざされたままのそれを見やる。
窓の外ではまだ重く湿った雪が降り続いているのだろうが、何十年も風雪に耐えてきた雨戸越しでは外の様子はうかがうことはできなかった。

この地方では、毎年春が間近に迫った時期に名残を惜しむかのように吹雪が訪れるということを聞いたのは、旅の足留めを余儀なくされた2日前の朝であった。
「お客さんは運がいい。この峠を越えてしまえば真冬だってろくに雪が降らなくなる。この冬最後の雪を楽しみなされ」
山の中腹に位置するちいさなこの町唯一の酒場兼宿屋の老主人は慰めるようにそう言いながら、彼と同様に古めかしく、落ち着いた雰囲気のこの部屋に案内してくれたのだった。

そろそろ正午にさしかかる頃だろうか。
退屈しのぎになればと昨夜宿の主人が貸してくれた本には、世界に満たされた法則に関する事柄がわかりやすい言葉で綴られており、世知に長けた友人達から何度か聞いたことのある言葉もあったりしたものだからずいぶん集中して読んでいたようだ。

区切りのいいところまで読んでしまおうと再び本に目を落とし数文字読み進めた時に「レッド!」と後ろから呼びかけられた。
その明るい声につい微笑し、眼を上げ腰をひねって振り向くと、身にまとった衣装の様に頬を染めたアクリィの姿があった。
あぁ、アクリィだ。そう思い見返した顔がそのまま近づいてくる。肩まで届く銀糸の髪。桃色に染まった頬。軽く閉じたまぶたは翠玉の瞳が透けて見えるのではないかというほど白く、またそれを愛らしく縁どる柔らかなまつげは銀細工のように繊細。そして、窓外の新雪のように透き通る肌理の細かい肌に見ほれると、温かいものがそっとくちびるに触れた。

ぱたん、とちいさな音をたてて膝から本が滑り落ちる。

1秒

2秒

そして彼女の肩からこぼれた髪が二人を包むように下りてくると、何か瑞々しい甘い香りがふわりと感じられた。
我知らず、頬をくすぐりさらさらと流れる髪に手をさし入れ、抱き寄せようと手が動くが、それが細い腰に到る前にふっとここちよい温もりが離れた。


「春がね、来たんだよ」


大切に大切に、胸の辺りでふたつのちいさな手のひらに包み込むように抱えていた物をアクリィはそっと差し出した。
彼女の夢見るような笑顔に誘われて覗きこむと、そこには根付いている黒土ごと運ばれてきた可憐な黄色い花がつぼみをほころばせていた。
「さっきね、雪がやんだの。嬉しくて窓をあけたら森がね、おいでって呼んでるような気がしたの。きっといい事だって思ったから急いで行ってきたの。やっぱり私の勘ってアタルよね!」
アクリィは嬉しくてたまらないということはこういう事だと言わんばかりに、まっすぐに目を見つめて弾けるように一息にしゃべるとまた手許の花に目を向ける。
「この花に会えるともうすぐ森に春が来るの。花も木も草も動物も目を覚ますめざましの香りなんだよ」
アクリィはそう言って可憐な花びらに色めいたくちびるを寄せた。
「だからレッドにもおすそ分け。もう冬も終わったんだし家に閉じこもるのはやめようよ!おじさんが、安全に峠を行ける道を教えてくれるって」
見たことのない景色を見たいと、目を輝かせてワクワクしている無邪気な顔を見あげると、自分の鼓動まで高鳴ってくる。

急にアクリィの顔が見られなくなって、足元に落としてしまった本を拾いあげながら言った。
「アクリィ、この花を俺の国では福寿草って呼んでるんだ。新しい年を祝い幸福を招くってされてる。きっと良い旅を運んでくれるよ」
そうあればいい、と心から願う。
今は離れた仲間たちにも。これからもずっと、こうして並んで歩いていくアクリィにも。
「早速ご主人の所に行って話を聞こうか。この花も鉢に移してあげないといけないし」
イスから立ち上がり微笑むと、それは名案とばかりにアクリィも顔をほころばせた。

「それに」
アクリィの手ごと手のひらで包み込みながら福寿草を引き寄せて言った。
「いくら福寿草にとはいえ、いつまでもアクリィを取られるのはイヤだからね」
女神の祝福を受けた柔らかな花弁にくちびるを落としてからそのまま顔を上げると、彼女の桃色だった頬が見る見るうちに赤く染まっていくのがわかった。

跳ねるように歩くアクリィと一緒に宿の主人の元にむかいながら、今度からキスの時目を閉じないほうがいいかもな思うレドルウィン・フォン・フレイムであった。

hukujusou03.jpg
- - - - 
作:おじゃっく
自己反省 05.01.01
以前書いたものを再修正してアップしました…が、おのれの妄想の突っ走りっぷりに我ながら背筋が薄ら寒くなります(^^;
レッドは自分の気持ちに気がつくと恥ずかしい行動を意識せずに取れる人だと中の人が言ってたので、これくらいはありかなと思うのですがねー



>>目次へ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。